身長を伸ばす睡眠は、どれくらいの睡眠時間が必要なのか?

 

身長を伸ばす睡眠時間をしっかりと取っている子供の写真

 

身長を伸ばす睡眠時間としては、どれくらいの睡眠時間が必要なのかを調べてみました。すると、2006年のアメリカの睡眠財団の報告によると、理想的な睡眠時間と年齢の関係では、

年齢 睡眠時間
1歳〜3歳 12時間〜14時間
4歳〜5歳 11時間〜13時間
6歳〜12歳 10時間〜11時間
13歳〜17歳 8時間30分〜9時間15分


と言ったような報告があります。

 

身長を伸ばす睡眠時間としては、

年齢 睡眠時間
幼児期〜小学生 10時間
中学生〜高校生 8時間
大人 6時間


と言った時間は眠っておきたいところです。

 

しかし、現実の日本人は、それほど長い時間寝ていない子供が多く、日本人は、世界一寝不足であるとも言われています。

 

日本人の子供の平均の睡眠時間としては、

年齢 睡眠時間
1歳 9.6時間
3歳 9.8時間
小学校3年生 9.2時間
中学生 7.5時間
高校生 6.6時間


と言った結果もあります。

 

この為、日本人である私たちは、子供の背を伸ばす方法を実践する為には、積極的に意識してシッカリとして睡眠時間を確保する必要があります。

 

 

睡眠が不足するとどうなるのか?

睡眠が不足すると、背が低い、身長が伸びにくいと言った事になる可能性があります。それが、寝ている間に背を伸ばす為に必要になる「成長ホルモン」との関係です。

 

寝ている間は、ノンレム睡眠とレム睡眠が交互に来ます。ノンレム睡眠は深い眠りで、レム睡眠は浅い眠りです。このノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルは、1時間半になっています。

 

成長ホルモンは、深い眠りのノンレム睡眠の時に分泌されてます。この為、十分に睡眠をとることによって、「成長ホルモン」が分泌される時間が長くなります。その結果、成長ホルモンの総排出量が多くなります。

 

 

特に成長ホルモンの分泌が多くなるタイミング

昔から、「寝る子は育つ」と言われていますが、これは、本当だったみたいです。その根拠となるのは、寝ている間の成長ホルモンの分泌です。

 

成長ホルモンは、深い眠りのタイミングであるノンレム睡眠の時に分泌されます。特に成長ホルモンが多く出るのは、得てから1時間半と3時間までだと言われています。

 

この為、長時間寝るだけではなく、シッカリと熟睡することが出来るようにすることも重要になります。

 

 

睡眠と同時に、他の要素もそろえて子供の背を伸ばす

子供の背を伸ばす方法としては、睡眠を十分に取って、成長ホルモンの分泌を活発にする事も大切です。ただし、成長ホルモンの分泌が行われるのと同じように、カラダを作る栄養も必要になります。

 

その為、栄養バランスのとれた食事はもちろんですが、さらに、背を伸ばす為に必要な栄養成分も積極的に取る様にしましょう。下記のページで、子供の背を伸ばす為に必要な栄養成分についても紹介しています。睡眠と同時に、栄養補給もシッカリと行いましょう。

 

 

>>>子供の背を伸ばす方法の詳細はコチラ

 

 


「寝る子は育つ」と言う通りに、子供の背を伸ばす為には、睡眠が重要だと言われています。ここでは、子供の身長を伸ばす睡眠として、どれくらいの時間の睡眠が必要なのか?また、睡眠をとることで、なぜ、背が伸びるのかについて紹介します。