身長は遺伝で、どれくらいの影響があるのか?

 

身長の家電の計算方法と子供の身長は遺伝する事を実感する家族の写真

 

子供の身長は母親や父親の両親の影響を受けるのは、間違いないと言えます。では、実際に、子供の背を伸ばす為には、どれくらいの影響を遺伝にはあるのでしょうか?

 

具体的に遺伝的要因で身長が決まる要素は25%から30%程度だと言われています。

 

思ったより、遺伝的要因で、身長が決まらないので、もしも、両親の身長が低いからと言って、諦める必要はありません。

 

 

子供の身長が遺伝的要因に影響するのが25%から30%程度である証拠

子供の身長が決まるのは、遺伝的要因では、25%から30%程度と言われています。

 

その証拠となるのが、こちらのページでも紹介している通り、1950年と2010年の30代の男女の慎重さを見ると分かります。

 

30代の男性の場合は、1950年と2010年を比較すると、平均身長は11.2センチも伸びています。女性は、9.4センチも背が伸びています。

 

このように、過去の日本人の平均身長を見てみると、身長が、遺伝的な要因で決まる要素は、25%から30%程度と言われるのも納得できます。

 

 

身長の遺伝的要因での計算方法

子供の身長は、25%から30%程度が遺伝的な要因で決まると言われています。では、遺伝的要因では、子供の身長は何センチになるのか?子供を作る場合には気になる人もいると思います。

 

その為、ここでは、父親と母親の身長から、子供の身長がどれくらいになるのかの計算方法を紹介します。

 

父親と母親の身長から子どもの身長を計算する方法

 

男子=(父親の身長+母親の身長+13)/2+2
女子=(父親の身長+母親の身長−13)/2+2

 

実際に、ここで計算して出てきた、子供の身長が本当に、その通りになるのかは分かりませんが、遺伝的要素で子供の身長が決まる確率が25%から30%程度とも言われているので、それぐらいの確率はあるのかもしれません。

 

ただし、ここで計算して出てくる子供の身長は、それぐらい背が伸びる可能性があると言ったモノです。あくまで、可能性にすぎません。

 

遺伝以外の要素は70%から75%で子供の背が決まる

子供の身長の遺伝的な要因について考えた場合には、遺伝的な影響は、25%から30%程度と言われています。これは大きな確率ですが、逆の見方をすると70%から75%は、遺伝以外の要素で子供の背が決まるということです。

 

この為、生まれたときに既に決まっている遺伝的な要因以外にもできる事を試して、子供の背を伸ばす努力をするのが大切になると思います。

 

 

子供の背を伸ばす方法で大切な事

子供の背を伸ばす方法として大切になるのが、栄養、睡眠、運動です。実際に、睡眠、栄養、運動で、どのような事をすれば子供の背を伸ばす方法があるのかは、下記のページで紹介しています。

 

 

>>>子供の背を伸ばす方法の詳細はコチラ

 

 


身長は遺伝による影響を受けます。では、実際に、子供への身長には、遺伝的要素がどれくらい影響するのか?また、実際に、母親や父親の身長から、子供がどれくらいの背の高さになるのか?の計算方法も紹介します。