子供の背を伸ばす方法【まとめ】

子供の背を伸ばす方法を試して笑顔の子供の写真

 

子供の背を伸ばす方法とは、どのような方法があるのか?
ここでは、子供の身長を伸ばす為に、どのような事をするのが良いのか?について、私が調べたときの内容をまとめみました。

 

子供の身長が低いことで、悩まれているお父さん、お母さんの参考になればと思います。

 

 

こんな事で悩んでいませんか?

落ち込む子供の写真

  • スポーツで努力しても体格負けして成果が出ない・・・
  • オシャレをしたくても身長が低くて似合わない・・・
  • なかなか、丈夫な体にならない・・・
  • 周りの子供と比べると存在感がない・・・
  • 自分に自信が持てない・・・
  • 日々、身長のことで悩むようになる・・・

 

 

身長が低いことで、周囲の子供に負けて、なかなか、自分に自信が持てない場合や、知らずに消極的な性格になっている…という事もあります。

 

喜んでいる子供の写真

実際に、スポーツなどでは、身長が低いと体格負けして、努力しても、思ったような成果が出ない場合もあります。また、背が低いことで、周囲の子供をいつも見上げていると、知らず知らずのうちに、劣等感を持ってしまうこともあります。

 

そんな、お子さんが、背が伸びる事によって、自信をつけ明るく前向きになり、笑顔が増えて、色々な事にチャレンジする、元気な子供になってくれると嬉しいですよね。

 

 

子供の背を伸ばす為の要素とは!?

子供の背を伸ばす為に関係している要素としては、

親子の写真

  • 遺伝
  •  

  • 栄養
  •  

  • 睡眠
  •  

  • 運動

と言ったような事が関係します。

 

「遺伝」と子供の背が伸びる関係とは!?

DNAのイメージ図

子供の身長が、どこまで伸びるのか?と言った要素として一番、気になるのが「遺伝」ではないかと思います。子供の体は、お父さん、お母さんと言った親から受け継がれた遺伝子で出来ています。その為、遺伝的な要因は避けて通ることが出来ません。

 

実際に、子供の顔やカラダの体系などは、親に似ています。この為、遺伝的要素が、身長についてもある程度は影響があって当たり前です。

 

身長と遺伝の関係だけではなかった…!?

厚生労働省の国民健康・栄養調査によると1950年と2010年の30代の男性と女性の平均身長を比べると、身長の高さは、「遺伝的要因だけではない」と言うことが分かります。

 

男性(30代)の平均身長

  • 1950年:160.3センチ
  • 2010年:171.5センチ

 

女性(30代)の平均身長

  • 1950年:148.9センチ
  • 2010年:158.3センチ

 

1950年と2010年での平均身長の差は、何センチか!?

1950年と2010年の30代の男女の平均身長の差を見ると遺伝的要因は、あまりないように感じます。

  1950年の平均身長 2010年の平均身長 身長の差
30代男性 160.3cm 171.5cm 11.2cm
30代女性 148.9cm 158.3cm 9.4cm

 

以上のように、年代によって平均身長が高くなっているということは、遺伝的要因のみで身長が決まらないことが分かります。もちろん、遺伝は100%関係ないとは言えませんが、それよりも大切な要因がある事は分かります。

 

1950年と2010年では何が違うのか?

質素な食事の写真

1950年といえば、終戦から5年しか経っていません。1950年で30代と言うことは、戦争前に生まれ、戦争を経験している人です。ここで、想像できるのが、今の人と比べるとあまり良いモノを食べる事が出来なかったと思います。

 

 

豪華な食事の写真

これに比べて2010年に30代と言うことは、1980年頃に生まれている人の場合には、日本は、高度経済成長を経験し、イケイケの年代なので、自然と、食べるモノにも恵まれて十分に栄養が取れていると言った事が想像できます。

 

 

このように食べるモノから摂取する栄養素というのは、身長を伸ばす為に非常に大切ではないかと想像できます。

 

 

「栄養」は、何を摂れば背が伸びるのか?

子供の背を伸ばす方法として、何をすればいいのか?

 

身長を伸ばす為に必要な栄養素としては、

  • カルシウム
  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ビタミン類
  • マグネシウム

と言った栄養素が必要だと言われています。

 

「カルシウム」が身長を伸ばすのに重要!?

牛乳のイラスト

カルシウムは、牛乳や小魚、ヨーグルト、チーズなどに含まれている事で有名な成分です。背を伸ばす方法として、食べ物や飲み物の栄養と言えば、牛乳のカルシウムと思う人も多いと思います。

 

牛乳は、カルシウムとして体内に蓄積する為に必要なマグネシウムやリンなどの成分も含まれているので昔からの背を伸ばす方法としては定番です。ただし、牛乳は、飲みすぎると逆に体内のカルシウムが溶け出す事もあります。牛乳は、1日に400ccから600ccが適量のようです。

 

「タンパク質」は、どのような働きをするのか!?

肉のイラスト

タンパク質を含む食材としては、お肉や魚などがあります。タンパク質は、皮膚やもうハス、血液、内臓、筋肉などを作るのに必要な栄養成分です。また、タンパク質は、骨の成長に必要なコラーゲンの一種です。骨を育てて身長を伸ばす為にも必要です。

 

「亜鉛」を摂ることで、何が変わるのか!?

アーモンドのイラスト

亜鉛は、アーモンド、ガシューナッツ、タラコ、レバー、牡蠣などに多く含まれている栄養素です。亜鉛の働きは、細胞分裂を促進です。もしも、亜鉛が不足すると、細胞分裂が十分に出来なくなるので、背と高くする事も出来なくなります。

 

「ビタミン類」は、体内でどう影響するのか!?

レモンのイラスト

ビタミンは、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンDなど様々な種類があります。この中で、背を伸ばす為に特に重要なのはビタミンCとビタミンDです。

 

ビタミンCは、カルシウムの吸収率を良くする為に必要な栄養素です。ビタミンCを食事でとる場合には、ブロッコリー、ピーマン、パセリ、いちご、レモン、キウイフルーツなどで摂ることができます。

 

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進する効果があります。ビタミンDを摂取する為には、キノコ類や魚などを食べると良いです。

 

「マグネシウム」の栄養素としての働きは!?

納豆のイラスト

マグネシウムは、納豆、ワカメ、アーモンド、あさり、いくらなどに含まれています。マグネシウムは、カルシウムを吸収する時に必要な栄養素です。この為、マグネシウムが足りないと、せっかくカルシウムを沢山とっても骨にはなりません。

 

 

 

背を伸ばす為には、栄養バランスのとれた食事を摂るのが重要!?

栄養バランスのとれた食事の写真

 

上記で紹介した通りに、骨を作る為には、カルシウムだけでは不十分です。この為、カルシウム以外にもタンパク質や亜鉛、ビタミン、マグネシウムなどの栄養成分が必要になります。

 

この為、食事には、お肉と野菜以外にも納豆やアーモンド、魚など色々なモノをバランスよく取り入れる必要があります。結構、大変ですが、子供の背を伸ばす為に数年間、頑張りましょう。

 

しかし、実際に、必要な栄養素を十分に取ろうと思うと、カロリーオーバーになる危険性があります。また、キチンと栄養管理を行うためには、栄養士なみに頑張る必要も出てきます。その為、サプリメントのような栄養補助食品の利用がお勧めです。

 

カルシウムを中心に、その他の栄養成分が入っているのが「アスミール」です。アスミールは、牛乳に混ぜて飲むだけなので、子供でも飲みやすいです。

 

 

牛乳(カルシウム)だけでは、骨が強くなるが、伸びるとは限らないという説も・・・

骨のイラスト

カルシウムを摂るために牛乳を飲んでいれば、背が伸びると言ったイメージがありますが、実際に、牛乳を飲んだとしても、背を伸ばす為にではなく、骨を強くする為に必要な栄養成分が補充されるので、子供によっては背は伸びない可能性もあるようです。

 

この為、牛乳などでカルシウムを摂取する場合には、身長を伸ばす為に必要な「成長ホルモン」の分泌を良くする事が重要になります。現在は、子供の背を伸ばす方法としては、成長ホルモンの分泌を促進するのが最も効果的な方法だと言われています。

 

成長ホルモンを刺激する為には、

  • 質のいい睡眠をとる
  • 適度な運動をする
  • アルギニンの摂取

と言った3つの方法があります。

 

 

睡眠と身長の関係とは?

寝ている家族のイラスト

成長ホルモンは、夜寝ている時に沢山分泌されると言われています。特に、寝てから3時間から4時間がピークになると言われています。この為、いかにシッカリと、質のいい睡眠がとれるのかが重要になります。

 

 

運動による背を伸ばす効果はあるのか?

運動している子供のイラスト

運動することで成長ホルモンの分泌が促進されます。ただし、飛んだり、跳ねたりするような適度な運動です。成長ホルモンは、運動中と、運動後3時間程度経過してから分泌されると言われています。具体的には、バスケットやバレーボールなどが良いようです。逆に、激しく筋肉を使うようなスポーツは、身長が伸びにくくなる可能性があるので注意が必要です。

 

 

「アルギニン」と言った栄養成分を摂ると成長ホルモンの働きが期待できる!?

アルギニンのサプリメントのドクターセノビルの写真

背を伸ばす方法としては、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、タンパク質、ビタミン類などの栄養成分も必要です。しかし、背を伸ばす為の成長ホルモンの分泌を考えた場合には、「アルギニン」を十分な量を摂取する必要があります

 

アルギニンは、豚肉や鶏肉、納豆などに入っています。しかし、子供の背を伸ばす為に必要な量を摂取しようと思うと、かなり大量に食べる必要があります。そうするとカロリーが気になります。身長は伸びたが、おデブになるのも困ります。

 

アルギニンを効率的に取る方法とは!?

そこで、アルギニンを効率よくとる方法を調べてみました。先ほど紹介した「アスミール」にもアルギニンが配合されています。

 

もっと、沢山、シッカリとアルギニンを摂るためには、「ドクターセノビル」が適しています。ドクターセノビルも水などに溶かして飲むタイプです。アルギニンが5000mgも取れるので、他の製品とは違います。

 

また、ドクターセノビルを飲むことで、子供が

  • 自信が持てた
  • 性格が変わった
  • サッカーで跳ね飛ばされなくなった

と言ったような変化を実感している人がいるのが印象的でした。

 

ドクターセノビルの口コミ、体験談については、コチラ
 ↓↓↓↓↓
ドクターセノビルの画像

 

 

 

成長ホルモンの分泌を促進するアルギニン以外の成分とは?

成長ホルモンの分泌を促進する成分としては、アルギニンが有名ですが、アルギニン以外にもアルファGPCと言った成分が成長ホルモンの分泌を促進すると言われています。

 

 

アルファGPCとは!?

アルファジーピーシーの画像

 

アルファGPCが成長ホルモンの分泌を促進すると言うことが、有名になったのは、

  • NHKの朝の情報番組の「あさイチ」で取り上げられた
  • 色々な雑誌や新聞などでも紹介された
  • 元々は、医薬品だったので、効果が期待できる
  • 厚生労働省が食品成分の許可を出している安心感がある
  • と言ったような点があるからだと思います。

     

    アルファGPCは、錠剤タイプのサプリメントとして販売されています。
    今ならモニターになれば500円で試せるので、試してみるというのも良いかと思います。

    アルファGPCのサプリメントはコチラ >>> αGPCスーパー

     

     

    子供にカルシウムをシッカリ摂らせたい場合は!?

    アスミールの画像

     

    やっぱり、子供の成長には、カルシウムをシッカリと摂らせたいと思っている場合には、アスミールがオススメです。

     

    カルシウムは、牛乳を飲んでいれば十分だと思っていませんか?しかし、牛乳を単純に沢山飲めば、カラダにカルシウムが増えるという訳ではありません。逆に、牛乳を飲み過ぎると、骨からカルシウムが溶け出すケースもあると言われています。この為、カルシウムの吸収を良くして、子供の背を伸ばす為に必要な栄養がシッカリと考えて食事を与える必要があります

     

    この為、アスミールのように、カルシウムや1日に必要な栄養をこだわって作られている栄養補助食品を使うのが便利です。アスミールは、3つの異なるカルシウムを配合する事で、吸収率を良くし、子供の成長に必要なアルギニン亜鉛プラセンタ鉄分ビタミン類がシッカリと配合されています。

     

     

    >>> アスミール 詳細はこちら

     

     

     

     

    まとめ

    子供の背を伸ばす方法としては、栄養睡眠適度な運動が基本です。

     

    特に栄養については、1950年と2010年の30代の男女を比較すると明らかに関係があると想像が出来ます。

     

    その為、

    • 子供の背を伸ばす為には、何かいい方法はないのか・・・
    • 子供の身長は遺伝だから仕方がない・・・
    • 少しでも背が伸びる可能性があれば試してみたい・・・
    • 子供の喜ぶ顔が見てみたい・・・

    など、子供の背を伸ばす方法として、何かないかとお悩みのお父さん、お母さんに、どのようにすれば背を伸ばす事が出来るのか?伸長を伸ばす可能性を上げる方法をさがしている場合には、必要な栄養素を補うのは手軽に試しやすいと思います。

     

     

    背が伸びるだけでも、性格も明るく・自信が持てる事も…!?

    子供の背が低い事で、悩んでいる人というのは、思った以上に多いようです。身長は子供が小学生、中学生、高校生の決まった期間しか伸びることがありません。その為、成長期に身長を伸ばすことが出来ないと、その後、一生涯、身長が低いままになります。

     

    子供自身が、背が低いことを気にしていなければ何も問題ないのですが、背が低いと事によって、

    • サッカーや野球、バスケットなどのスポーツで結果が出しにくい
    • オシャレをしたくても身長が低くて似合わない
    • 自分に自信が持てない
    • 日々、身長のことで悩むようになる

    などのような悩みを抱えている場合には、「ドクターセノビル」のホームページの体験者の声が参考になります。

     


子供の背を伸ばす方法としては、何が必要か!?私が子供の身長を伸ばす為に調べた内容をまとめました。子供の身長を伸ばす為に何が出来るのか?より効果が実感できる可能性があるモノは何か?と言った視点で調べました。私と同じように子供の身長が気になる人に参考になればと思います。